No08 房総半島(旅を終えて)

房総半島の旅を終え、帰宅する常磐線の列車の中では、大きな安堵感と満足感に包まれた。 一人で13日間もの長い旅をしたことは初めてだった。 しかも、306kmを歩きとおしたことは、大きな自信となった。

一方で、歩いて日本一周する旅の課題もいくつか見えてきた。
旅を終えた3日後に熱を出して1日寝込んでしまったのだ。
体質的に疲労が溜まりやすく、かつては疲れが溜まって年末にどっと寝込むことはよくあった。 ここ何年かはなかったことだが、やはり相当疲れがたまっていたのだ。
いかに疲れを溜めないで旅を続けるか、この工夫が最も大きな課題として浮かんだ。

次が宿の問題である。疲れを溜めない一番は、野宿は避け必ず宿をとることである。 房総半島は、電話帳で見る限り、ホテル、旅館、民宿、国民宿舎等が沢山ある。 しかし、当日の飛び込みや一人客ではと、断られることがあった。 宿が見つからず、冷や汗をかいだことが2度ばかりあった。 必ず事前に予約しておくことが大切であった。
しかし、この問題は意外とむずかしく、その後の旅でも何度も悩まされることになる。

三つめの問題は、旅の間ずーと、足にできたマメの痛みに苦しんだことだ。
これまで一日や二日程度の旅では、足にマメができることはなかった。 しかし、雨で足が濡れたりすると、とたんにマメができ、その後は雨がやんでもどんどん成長してゆく。
雨に強い自分に合った靴を見つけ、旅立つ前に十分に履き慣れておくことを痛感した。

房総半島の旅は、苦しみもあったけれど、やはり素晴らしい思いを味わせてくれた。
日本は島国だというのに、広い平野の都会でのくらしに慣れた自分は、すっかりそのことを忘れていた。
どんな小さな入り江にも漁港が整備され、そこに確かな生活がある。
長く広い海岸には、大勢の若者がサーフィンを楽しんでいる。
海辺のどこに行っても、釣り人が糸を垂れている。
広大な海は、空からの光のシャワーを浴びてキラキラと輝いている。
陽射しが、水平線の彼方から寝ている枕元まで達する日の出。そして荘厳な夕日。
中原中也の詩だったか、
「海よ、あなたの中に母がいる」の一節が、何度も何度も浮かぶことがあった。



Back

Top

Next