No168 山 陽 編(姫路市南駅前町〜明石市桜町)

宿は電話帳で探し、大抵は前日までに電話で予約する。
当日、宿の近くになって、電話で詳しい道順を尋ねることにしている。
それでも、結構迷うことがあり、その日の旅の疲れが倍増する想いになる。

姫路駅新幹線南口のホテルは、ロビーにあるインターネットに接続されたパソコンが無料で使用できる。
それを利用して、今日の予約した旅館の位置を地図で確認しプリントする。
今日の旅は、加古川市加古川町まで約17kmと短い。
それに、目指す宿の位置が分かっている安心感もあって、気持ちも軽く出発。

JR姫路駅の南口から駅構内を通って北口へ。
そこから昨日通った姫路城に向かう大通りでなく、横筋のアーケード商店街を行く。
アーケード街は、早くも結構な人出だ。
姫路城の少し手前で国道2号に出る。
その国道を東に向かうと、播磨国分寺があった。
現代では、国分寺のあったところは遺跡になっていることが多い。
ここでは、「牛堂山国分寺」として存続している。
小さな山門と瓦屋根付きの白壁塀で囲まれた境内に入ってみる。
誰もいない境内は、落ち葉が庭一面を赤く染めていた。

姫路から国道2号は、山陽本線と山陽新幹線の北側を並行してゆく。
別所と云う辺りで道幅が狭くなり、歩道がなくなる。
車道との間にガードレールがあるとはいえ、40cm程の側溝蓋の上を歩くことに。

山際にそって黒壁の民家が建ち並び、その手前にコスモスが咲き誇る。
「播磨路の秋」とつい叫びたくなる光景だ。

その先の「豆崎」交差点を右に折れ、山陽本線を渡る。
すぐに姫路バイパス(国道2号)と国道250号のランプになる。
その交差点の所に、壁に「文楽」と書いたちょっと変わった和風建物があった。
昼時に近いので、ソバ屋かもと入ってみる。
店内に入ると、大きなソバと和風料理の店だった。
メニューに「文楽御膳」(1000円)と云うのがあり、それを選ぶ。


昼食後、国道250号を行くと、異様な景観になった。
道路の北側に構える山の半分ほどが、崩れた様な岩壁を見せている。
そして道路が、6車線に中央分離帯等もあるやたらと広い空間だ。
今までの沿道風景と余りにも違って、異空間に入り込んだよう。

今日の宿まで残り2km程の所で、まだ午後1時少し過ぎだった。
これまでの経験で、15時前に旅館に着いても、誰も出てこないことが多い。
ちょうど大型商業施設「ジャスコ」があり、ここで時間調整することに。
店内のコーヒースタンドに腰を下ろす。
コーヒーをゆっくり飲んでいると、店主と女将さんが話しかけてくる。
加古川の「鶴林寺」は、昨日と一昨日、大祭で大賑わいだったという。
祭は終わったけど、一度は寄ってみる価値があると、しきりに勧める。
そしてまた、歩いて自然に触れることの大切さの話で共感し合った。

今日の宿は、加古川を渡って1km半程行ったところにあった。
宿に着いたのは14時40分頃になったけど、案の定、玄関で声をかけても音沙汰無し。
仕方なく、同じ建物に接する理髪店で、時間待ちを兼ねて散髪する。
最近流行りの格安店で、散髪からヒゲそりまでひと通りで1800円と約半額。
時間も30分程で、通常の半分だった。

今日は日曜日で宿の夕食はないという。
それで、来る時に見かけた近くのラーメン店へ行く。
餃子に生ビール、それにラーメンを食べながら、フト想った。
戦後の貧しい子供の頃、母が「今日は出前を頼もう」というと大喜びだった。
出前は中華ソバ(ラーメン)に決まっている。
つゆまで飲みほして、「おいしかった」と大満足。
ラーメンは、年に1〜2回あるかないかの「ごちそう」だった。



次の日、心配した雨は朝方までに上がった。
そして、曇り時々晴れの予報になる。

昨日の夕方に洗濯したジーパンは、朝までに乾かなかった。
それで、部屋着にしているジャージをはいて出発する。

まずはスタンドコーヒー店で勧められた「鶴林寺」に寄ってみる。
なるほど堂々たる山門を構える大寺だ。
感心して境内に入ろうとすると、奉賛券(500円)が必要だった。
境内に入ると、確かに「播磨路の古刹」の名にふさわしい。
奉賛券と一緒に渡されたパンフによると、聖徳太子が創立した寺と云う。
また、本堂と太子堂は国宝と書かれてある。
その他にも、重要文化財の建物、仏像、仏画が多数あるともいう。
別名「播磨の法隆寺」とも呼ばれるそうで、確かにそんな雰囲気が漂う。
朝早く人気のない境内を、一人あちこちカメラを向ける。

鶴林寺を出て歩き出すと、急に右の股関節と腰に痛みが。
靴ずれの痛みをかばって歩くせいかもしれない。
足も身体も重くなって、辺りに腰が下ろせる場所がないか探す。
道路脇のちょっと奥に傘型の屋根があり、その下にベンチが見えた。
そのベンチに仰向けになると、そのまま眠ってしまった。
ようやく目が覚めて起き上がると、奥のフェンスに白い看板が。
「私有地につき 飲食はご遠慮願います」とある。
なぜ私有地にこの様な施設が、と驚く。
まるで、この時のわたしのためにあるかのようだ。
この時も、歩く旅で何度も体験する「守られている」ような幸運に感謝する。

明石市の魚住町で昼時になり、食事処を見つけ入る。
こんな体調でも食欲だけはあって、日替わり定食コーヒー付き(800円)を完食する。

谷池という交差点にある横断道路橋の階段で休憩をとる。
そこから先に進むと、二つの鉄道が立体交差し、そこに大きな駅舎が見えた。
JR明石駅と思って近づくと、JR西明石駅だった。
がっかりして鉄道の下をくぐると、国道2号に出た。
駅前の道路脇で腰を下ろし休んでいると、バスが停まりスーとドアーが開いた。
バリアフリーのバスで、疲れた旅人を招き入れるように。
もちろん、手を振って乗らない合図をする。

今日の宿は、ちょっと分かりづらい町なかにあったが、JR明石駅から直ぐだった。
予定より2時間程遅い16時30分に着いた。
「安らぎの宿」の看板通りの旅館だ。
普通の民家に近い古い建物だけど、家の中は、要所々にボンボリを置き花を活けたり、と安らぎの演出。
それに、水廻り設備は最新で快適だ。
残念なのは素泊まりの旅館で、夕食は外食することに。
まちに出たけど、結局、コンビニで弁当を買って宿で食べることに。
そのコンビニでは、酒類は売ってないというので、缶ビールを求めて歩き回る。
ようやく酒屋でそれを手に入れ、途中の肉屋でコロッケ2個も買う。

旅館の部屋でテレビを見ながら、買って来たコンビニ弁当等で夕食をとる。
その後、かつて同じ職場で楽しく仕事をしたT君に電話する。
彼はまだ現職のバリバリで、今は関西勤務になっている。
いま歩いて旅をしている話をして、関西のどこかで会えないか話す。
彼はわたしの旅程を聴いて、それなら明後日にJR尼崎駅前で落ち合う、と応じてくれた。


Back

Top

Next