No182 東海道 編(愛知県蟹江町〜岡崎市八帖北町)

昨夜は咳がひどく大汗をかき、体調が心配だった。
しかし、いつもの通り元気に目覚める。
いよいよ、今日は生れ故郷の名古屋入り。
ホテルの朝食は時間が遅いのでキャンセルして、いつもより早めに出発する。
途中、有名になった名古屋の喫茶店の「モーニングセット」をとることに。

ふたたび国道1号に出て、戸田川、つづいて新川を渡る。
そして、懐かしい庄内川に架かる一色大橋に到る。
子供の頃、この一色大橋までは何度か来たことがある。
風景はずいぶん変わってしまったけど、わずかに残る堤防の松林に当時の面影が。

たしか、一色大橋を渡って左斜めに下る道があるはず。
その道が、実家の前を通る旧桑名街道だ。
しかし、当時は田園風景が残る田舎道だったけど、辺りはまるで一変して都会。
カメラの電池が切れかかっていることもあり、喫茶店を探し入る。
ここで「モーニングセット」をオーダーし、カメラの充電をさせてもらう。
店で桑名街道と云っても分からず、母校の小学校と中学校の名前を云って、その道を教えてもらう。

教えられた道を行くと、すぐに同級生F君の家があった。
家は建てかえられていたけど、門札は間違いなくその名前だ。
呼び鈴を押したい気がしたけど、長くご無沙汰していて本人もいないと不審がられるかも、と押しとどめる。

約40年振りの母校の小学校と中学校もまるで様変わりしている。
私達の時代は、1学年4クラスで1クラス約55名の編成だった。
クラス替えはあるものの、同学年生はそのまま小中9年間一緒だった。
小学校と中学校は隣接していて、どちらも木造から鉄筋コンクリート造りの校舎になっている。
しかし、建物配置は余り変わっていないので懐かしさがこみ上げる。
校門等を写真に収め、通学路だった道を探しながら進む。

今や市営地下鉄駅も出来た町は、大都会の様相。
それでも、沿道に懐かしい家並みが、ところどころ残っている。
懐かしさの絶頂は、やはり荒子観音寺だ。
尾張四観音のひとつとして知られる。
境内の二重塔は、多宝塔と呼ばれ国の重要文化財になっている。
また、昭和時代に評価が高まり一躍名を高めた円空の仏像が、多数あることでも有名だ。
「浄海山」の額を掲げる山門の両脇に、円空作の仁王像が据えられている。
子供の頃、そのナタを使った荒削りな像を格子窓から覗いて、「ヘンな仁王さま」と思ったものだ。
寺と隣接する神社を合わせた境内は、「かんのんさま」と云って子供たちの遊び場であり、祭りの場でもあった。
残念なのは、寺の境内は鉄柵で仕切られ夜は閉じられると云う。
何年か前に本堂が焼け、それが放火だったことの処置だそうだ。

荒子観音寺を中心とする荒子町は、加賀百万石初代藩主の前田利家公の生誕地でも名をなす。
観音寺の門前を通り旧街道を進むと、わたしの生まれ育った家があった、はず。
その家は今はなく駐車場になっている。
実家は、高校生の時に街道から離れた別の所に引っ越した。
その実家は今は姉家族が住み、そこに立ち寄る。
この辺りも、鉄道の「あおなみ線」が通り駅も出来ている。
帰省する度に、変貌する故郷を眺めてきた。
「昼食をご馳走になったら直ぐに旅立つ」と云うわたしに、姉は「なんでェー」という。
実家に泊ってホッと気が緩むのを恐れたのだ。
姉はそんな説明に納得する顔でなかったけど、笑顔で送り出してくれた。

実家から南に下って、また国道1号に出る。
名古屋城築造のために開削されたという「堀川」を渡ると、熱田神宮前に。
ここにも立ち寄り、「家内安全「と「日本一周徒歩の旅の成就」を祈願する。
その先の道は、私鉄、JR、高速道路の高架橋等が錯綜して迷うことも。

今日の宿は、名鉄名古屋本線鳴海駅の近くにある。
鳴海駅近くで宿に電話して道順を尋ねる。
教えられたとおり、鳴海駅の横の線路を渡って行くと、坂の上のビルの屋上にその宿名が見えた。
近ずくと、玄関の所はふるい和風旅館の建物。
それに近代的な建物が増築された、大きな旅館だった。



昨夜も咳がひどかった。
タオルを首に巻いたりしたて、夜中1時以降はよく眠れた。

旅館を出て名鉄鳴海駅の横を通り、また国道1号に出る。
名鉄鳴海駅は、巨額を要する高架化と駅施設を新設する工事が真っ最中。
全国で鉄道の衰退ぶりを観てきた眼には、ちょっと驚きだ。
それも先へ進むにつれ納得する。
鳴海、豊明、刈谷、知立、安城の地名は、幼いころから聞き慣れている。
この地域を歩いて、その位置関係がようやく分かった。
どこも住宅開発が進み賑やかなまちになっている。
この地域に隣接して豊田市がある。
いまや日本一の好況企業「トヨタ」の本拠地だ。
名古屋東部地域の活況は、「トヨタ」とその関連企業が好業績をあげている証しにちがいない。

そんなことを想いながら行くと、安城街道と呼ばれる旧街道に出くわす。
安城といえば「日本のデンマークと呼ばれる」の言葉がつづく。
これは社会科の教科書に載っていて、憶えさせられたもの。
多分、日本の近代的な農業先進地と云うことだったと思う。
しかし、そんな言葉は知らないと云う人が多い。
知ってると云う人は、たいてい愛知県人だとか。

それはともかく、旧安城街道には、見事な松並木が残っている。
知立市の衣浦豊田道路の手前で、そんな松並木があり休憩をとる。
辺りを見回すと食事のできる喫茶店の看板が。
ちょうどお昼時で、店に入りコーヒー付きのランチセット(800円)をオーダーする。
店内は混んでいて、食べ終わるまでけっこう時間がかかった。

風邪気味で身体が少しダルイ。
安城市の東栄町交差点のところにあるコンビニに入る。
ノドの張り薬とハンドクリームを買う。

安城市と岡崎市の境界付近でも、松並木の旧街道があり休憩する。
その先で矢作川を渡る。
豊臣秀吉の出世物語「太閤記」では、日吉丸(秀吉の幼名)がこの川の橋の上で盗賊の蜂須賀小六に出会う。
そんな話を思い出しながら矢作橋を渡ると、すぐに国道248号との交差点になる。

八帖交差点の名があり、今日の宿はこの近くのビジネス旅館。
宿に近ずくと、隣接して同じ名前の料理旅館本館とある。
両方合わせると、かなり大きな旅館だ。
コインランドリーがあり、3日分の洗濯をする。
今日も昨日に続き、アルコール抜きの夕食をとる。


Back

Top

Next