No23 ひたち・みちのく編(山田町〜宮古市)

四十八坂海岸の朝は、気持ちよく目覚め朝食もおいしくいただいた。
宿を出るとき、女将さんは何度も頭を下げて見送ってくれた。

今日は、宮古市津軽石まで約24kmの旅だ。
トンネルはなさそうで、何かいい旅になりそうだ。


宿を出て国道45号を行くとすぐに、船越湾を見渡す素晴らしい展望台のあるところに出た。
まさに輝く海だった。
朝陽を浴びてキラキラ輝く海に、見惚れてしまった。
空には白い大きな雲が浮かび、海を囲む山々の緑もうつくしい。
この時の感動を、写真で十分に表現できない技術の未熟さを嘆くばかりだ。
いつまでもこの場所に留まっていたい気持ちだった。
そんな気持ちを抑えて先に進むと、山道になった。

途中、道の駅「ふれあいパーク山田」で小休止した。
やがてまた、養殖のブイが一面に浮かぶ、うつくしい海がみえた。
山田湾である。

山田湾にそそぐ織笠川の河口には、国道45号の織笠大橋が架かっている。
この橋から眺めると、丁度干潮で浮き出た砂地に大勢の人が出ていて壮観な眺めだった。
どうやら、貝などを採っているらしい。
橋の上は、風が強く吹き飛ばされそうになりながら、この風景をカメラにおさめた。
そのとき、後ろから声がかかって振り向くと、車で来た宿の女将さんだった。
これから、昨夜、めずらしいお客?が泊ったので、娘のところへ話に行くところだという。
そう言って、また私を見送ってくれた。

山田町の役場入口付近の店で、おにぎりセットと牛乳を買った。
そして近くの山田漁港の岸壁で、少し早い昼食をとった。

そこから魚賀波間神社を過ぎると長い上りの坂道になった。
山村風景となって、海沿いの風景に見慣れた目には新鮮だった。
東北の遅い春がようやくやって来て、水田の水がぬるむ頃と云った風情である。

今日の宿は、JR山田線の津軽石駅近くの赤前という所にある。
国道45号の津軽石交差点から東に約1km入ったところである。
少しわかりづらく、通りがかった子供たちに道を教わりながらたどり着いた。
普通の民家に近い造りの旅館で、ここでも女将さんがあたたく迎えてくれた。
洗濯機も気持ち良く使わせてくれて、洗濯干し場まで利用させてくれた。
宿泊料金は、今までで一番安いほうなのに、食事はおどろくほどゴウカだった。


Back

Top

Next