No74 津軽・出羽 編(青森市三内丸山〜鰺ヶ沢町)

心配した雨は、深夜に激しく降り出した。
青函フェリーで知り合ったT少年のことが気になって眠れなかった。
雨具や野宿用具も持っていなかったので、この夜をどう過ごしているか気懸りだった。

三内丸山の朝は、雨は止んで曇りの空だ。
このところ、午後は暑さでバテ気味になるのでこのままの天気を願った。

今日は久し振りに、五所川原市まで30kmのロングな旅になる。
気を引き締めて宿を出たのは良いけれど、目の前の高いところを走る国道7号に出る道が分からず迷う。
この国道7号のバイパス道路は、歩行者のことはあまり考えられていないようだ。
青森環状道路ともいわれるこのバイパス道を行くと、1時間も経たないうちに旧羽州街道との交差点になった。
こちらの旧街道を行くことにする。
この街道は、JR奥羽本線と並行する谷筋の道だ。
赤い鳥居が眼に飛び込み、近づいてオッ!と驚く。
鳥居に縄のれんが掛けてあるのだ。
鳥居にしめ縄が掛けられることはあるけれど、縄のれんは初めてだ。
現在では居酒屋の代名詞にも使われる「縄のれん」が、鳥居に掛けられている意味は何だろうか。

旧道を2時間程行くと、現代の羽州街道と呼ばれる国道7号線に合流する。
やがて大釈迦交差点で昼時になる。
近くにコンビニがあり、ヒレカツ弁当を買う。
大型ダンプも停まれる駐車場の隅で、その弁当をひろげる。
この交差点からは、西へ国道101号線を行く。
何故かラブホテルが何軒も見えたり、ブドウ園で写真を撮ったりして平野部に出る。
まだ黄緑色した稲田がひろがり、その先にでんと岩木山が構えている。
その圧倒的な存在感は、津軽の人たちに何か特別な想いを抱かせるにちがいない。
今やわたしの第二の故郷となった茨城の筑波山のように。
山頂が少し雲に隠れた山容や印象も、筑波山に良く似ている。

今日の五所川原市の宿は、中心市街地にあるホテルだと想像していた。
市街地に近付いてホテルに電話すると、「エルムシティ」というところにあると云う。
行ってみると、大型ショッピングセンターを中心にして出来た新市街地だった。
ホテルは、一階のロビー・レストラン層の上に客室が8階もある最新設備のホテルだ。
部屋の窓からまちを見下ろすと、津軽の風土を感じさせるものは全く見られない。
かつて昭和の時代に、全国に「○○銀座」の名がついた商店街ができた。
現在はオシャレだが、同じような構成で個性のない「新市街地」が各地で生まれている。
夕食はどうするか迷ったが、ショッピングセンターへ行って、うな重と焼き鳥それに缶ビールを買う。
そして、部屋の窓から夕闇せまる街を眺めながら、そのちょっと奮発した食事をとる。


エルムシティの朝は、時に雨が降りそうなくもり日だ。
暑いよりはましと、鰺ヶ沢町に向けて出発する。

エルムシティから五所川原の市街地を東から西へ横断して、再び国道101号に入り北上する。
この国道沿いは、かつては賑やかな通りだったと思われる街並みだ。
しかし、人影は少なく寂しい雰囲気だ。
屋上に六角形の展望塔をいただく木造建築が眼を惹いた。
今は使われていないような侘しいたたずまいだ。
創建当時は、こんなデザインを思いつく程、このまちは個性と活気にあふれていたと想像する。
立ねぷた館近くの交差点で、国道101号は直角に東へ舵を切る。
ここからは、国道は大間越街道とも呼ばれ,数百mも行くと岩木川を渡る。

昨日と違って、今日は足が重く、股関節が硬く足のあちこちが痛んだりする。
休憩の時に、真向法の第一と第二体操をすることにしたら、楽に歩けるようになる。
運よく道の駅「もりた」で昼時になった。
隣接して茅葺の豪壮な民家があり入ってみる。
旧増田家住宅と呼ばれ、明治中期の津軽地方を代表する大規模な農家住居だそうだ。
森田村の他からここに移築され、いまはそば処として活用されている。
建築資材はヒバとケヤキで、釘は一本も使われていないと云う。
建物内も風格ある書、掛け軸、焼き物がおかれて落ち着いた雰囲気だ。
ここで舞茸そばを美味しくいただく。
しかし、そばだけでは物足りなく、道の駅館でたこ焼きを買う。

そこからさらに、津軽平野を真西に突っ切ってゆく。
鰺ヶ沢町に入り、鳴沢川を渡ってすぐのところに釣り具やエサを売る店がある。
そこの駐車場の片隅に電話ボックスがあり、前にシートをひろげて休む。
しばらくすると、店からご主人が出てきてトウモロコシを手渡してくれた。
ちょうど午後3時の小腹のすく頃で、美味しくいただく。
JR鰺ヶ沢駅前の宿には、午後4時少し前に着いた。
女将さんはすぐに部屋に案内してくれ、洗濯物をかごに入れるように、という。
すこし戸惑っていると、女将さんが洗濯して干してくれるのだと云う。
ここまでのサービスは初めてなので驚いたが、有り難かった。
夕食は、そんな面倒見の良い女将さんらしい手料理で美味しかった。
とくにご飯のおいしさが印象に残った。

夕食前に、明日に宿泊予約している宿のご主人から電話が入った。
予約日を勘違いして、「今どこにいるのか?」と問い合わせてきたのだ。
間違いに気付いて、「どうも、どうも」と明るく納得してくれた。




Back

Top

Next