No85 越前・中・後 編(新潟市弁天〜長岡市寺泊)

新潟市のホテルに連泊した次の朝も、秋晴れの好天気。
朝食は近くのコンビニで、おにぎり2個、サンドウイッチ、牛乳を買って来て部屋でとる。
それで、出発は8時といつもより30分早かった。

昨日、散策で通った国道7号の大通りを行く。
柾谷小路交差点からは、国道116号になった。
さらに行って、海沿いを行く国道402号に出る交差点を見過ごしてしまい迷う。
それでとにかく関谷分水路に沿って下り、海沿いの道を行く。
その道は、確かに国道402号になっていたけれど、新しいバイパス道路の方だった。
歩く旅では、同じ国道名が二つあるのは迷うことが多く本当に困る。
このバイパス道路は街並みがなく、砂丘ばかりの退屈な道だ。
それでも、日本海の大パノラマが得られるパーキング場があって、そこでしばしの休憩をする。

この道は、多くの国道に設置されている里程標がなく、地名を表示する標識も少ない。
そのため、どこをどのくらい歩いたか分からない。
比較的順調な歩調なので、徒歩時間から推計する。
だが、思いの外、進行が遅いようでなかなか目的地がみえてこない。
休憩して路傍の雑草に眼をやると、その影が傾きかけた陽を受けてクッキリと。

今日の宿がある巻町(現新潟市)越前浜に着いた時は、夕陽が海に沈むころだった。
部屋に荷物をおいて直ぐに、カメラを持って浜辺へ。
佐渡の島影の横を、夕日は空いっぱい赤く染めて水平線の中へ沈んでいった。
そんな風景を唖然と見つめる旅人の背後で、「お客さん、どちらから?」と女将さんの声がした。
「茨城県の土浦から」と云うと、「えー、わたし明日、土浦の花火大会を観に行くのよ」と嬉しそうに話す。
これには、わたしも驚く。
土浦の花火大会がこんな遠くでも知られていたのかと。
さらに、女将さん達は車で日帰りに近い日程で行くことに。
新潟から土浦までは、思いの外近いのだ。
土浦を発って176日目の旅人の心に、思いがけないさざ波が立つ。
旅はまだまだ続くのに、急に我家が近づいて来るのだった。


次の日、越前浜の朝は、やや曇り気味ながら晴天だ。
今日は寺泊町(現長岡市)大町までの旅で、国道402号で最も美しい海岸美が見られると云う。
そこは巻町角田浜から寺泊町野積までの14kmで、「越後七浦シーサイドライン」と呼ばれている。

かつてそこは、断崖を抜ける難所でもあった。
日本海の荒波が造った奇岩や絶壁が道を阻む。
断崖を削って通された古道は、遠くから見るだけでも足もとが震えそうだ。
五ヶ浜海岸と間瀬海岸で2度の休憩をとり、田ノ浦と云うところに着いた。
丁度昼時で、運よく食事処がある。
中に入ると、温泉旅館と併用施設で、入浴客が数人食事をしている。
ラーメン定食を注文し、食べ終わった頃に男性が話しかけてきた。
食事をしていた入浴客の一人で、わたしの旅姿に興味を持ったようだ。
わたしが歩いて北海道を一周してきた話をすると、身を乗り出してくる。
彼も19歳のとき、バイクで北海道を20日間で回ったという。
金がなく、バス停や鉄道駅で寝泊まりしながらの旅だったともいう。
遠い青春を思い浮かべるように、そしてその時の自分をチョッピリ誇らしげに、話すのだった。
わたしの旅にもいろいろ気遣って、無事に達成するよう励ましてくれた。

新信濃川(大河津分水路)の橋を渡ると、寺泊町の市街地に入る。
やがて、沿道に沢山の店が並ぶ賑やかな通りになった。
「寺泊海岸魚の市場通り」だと云う。
大勢の観光客がいて、店の前のベンチでアイスクリーム等をなめながら楽しそうだ。
そんな人々の間をぶらぶら歩いて行く。
今日の宿はまだ先と思い道を急ぐと、寺泊港前の鉄筋コンクリート3階建ての旅館がそれだった。

外観と違って純和風旅館で、思っていたよりも大きな旅館だ。
部屋の窓からは、寺泊港が目の前に見える。
風呂に入って部屋に戻る時、廊下の窓から見える風景に足が止まる。
折しも夕陽が海に沈むころで、海面が黄金色に輝いている。
急いで部屋に戻りカメラを持ってその窓辺に構える。
すると、通りがかった仲居さんが、写真を撮るならと宿の屋上へ案内してくれた。
屋上からの眺めは、思わず息をのむ程のドラマチックで素晴らしいものだった。



Back

Top

Next