No87 越前・中・後 編(柏崎市笠島〜糸魚川市能生町)

今日は、上越市の直江津港まで約29kmの旅。
昨夜の予報では曇り、ところが朝から晴れた。
女将さんの話では、この笠島の宿には歩いて旅する人がよく泊るそうだ。
あの石川文洋さんの前にも、鹿児島まで歩いた人がいたという。

そんな話をした後に、宿前に立つ女将さんを撮らせてもらう。
ところが、カメラのCFカードエラーが出て何度もやり直す。
結局、CFカードを入れ替えて撮る。
女将さんに見送られて集落を出ると、真下にJR信越本線笠島駅が見下ろせる。
信越本線は、直ぐ先でトンネルに入る。
そのトンネルの上を超える北陸道(国道8号)を行く。

やがて、その北陸道も芭蕉ヶ丘トンネルに入る。
トンネルを抜けてしばらく行くと、今度は信越本線のトンネル出口が見渡せる。
ちょうど電車がやって来て、その眺めは、何だか小さなおもちゃのまちを見ているようだ。
やがて、鉄道と国道は、切り立った山裾と海辺の狭い間を並行する。

涼しくなって、随分と身体の方は楽になった。
今日は休憩の間隔が、1時間以上でも大丈夫だ。
それでも、筋肉のどこかに疲れが溜まっているようで、時々思いがけないところが痛む。
用心、用心。

柿崎町(現上越市)に入り、三ッ屋浜と云うところで昼時になった。
折よく食事処があり、昼食はビーフカレーにする。
そこからは市街地が続き、JR犀潟駅前から旧道の地方道468号線を行く。
遊光寺浜と云うところで休憩をし、その先で広い道路との交差点になった。
直江津港の標識に導かれて、その広い道路を行く。
ところがその道は人気のない、道幅ばかりが広く心細くなってくる。
ようやく、佐渡汽船の大型フェリーが見えた時は、ホッとした。
今日の宿は、佐渡汽船乗り場の近くと教わっていたから。
佐渡汽船乗り場の手前で、広い道路は地方道468号線に接続し、宿はそこから直ぐ先のところにあった。
地方道を直進すればよかったのに、回り道をしてしまった様だ。

宿の中に入ると、なるほど港の宿と思う雰囲気だ。
部屋はベットひとつ置かれた個室で、窓もひとつ付いてまるで船室の様だ。
食堂へ行くと、港湾関係者、ビジネス客、観光客、その他不明者の老若男女と云った雑多な雰囲気で溢れている。
食堂のテーブルに着いてビールを飲みながら、そんな人々の人生航路を想像してみる。
先ほど風呂場で見た強烈な赤フンドシ姿の男の人生も。


翌朝、起きると雨だった。
今日は能生町(現糸魚川市)まで約30kmのロングな旅になる。
それでも風は強くなさそうなので、出発することにする。

宿を出ようとして、傘がないことに気付く。
前日の宿に置き忘れてしまった様だ。
宿の人に不用な傘がないか尋ねたが、無いという。
困っている私を見て、掃除の手伝いに来た女の人が、自分の子供用の傘を探して来て渡してくれた。
ありがたく頂いて歩き始めたが、やはり傘が小さすぎて濡れてしまう。
コンビニ店を見つけ、そこでビニール傘(399円)を買う。
雨はずーと降り続く。

郷津フィシングセンターの先、虫生岩戸と云うところから自転車専用道があった。
北陸本線の旧区間を活用整備したもので、久比岐自転車歩行者道と呼ばれる。
ここから糸魚川市押上まで33kmもあるという。
ほぼ国道8号に隣接している。
トンネルが多く、こうした雨の日は雨よけになり、自転車で通る人もなく歩行者には快適だ。
しかし、この道だけでは単調になるので、国道と併用して歩く。
名立ドライブインで昼食をとって出発すると間もなく、雨が激しくなった。
幸い国道の横断地下道があり、そこに飛び込む。

そこからは自転車歩行者道を行く。
いくつかのトンネルを抜けて視界がひろがった所で、思わず足が止まる。
雨にぬれた黒瓦屋根がひしめく住宅群が目に飛び込んできたのだ。
しかも、三階建ての木造住宅で今まで見たことがない景観だ。
歩いた時間から予測すると、筒石と云うところだろうか。
どうしてこのような集落ができたのか、と不思議だった。

旅が終わって調べてみると、この筒石地区はJR筒石駅が全国でも珍しいトンネルの中にホームがあることで有名だと云う。
海岸線から切り立った地形の狭い空間に、高密度で暮らすためにこの様な形になった漁村集落だそうだ。

トンネルや国道横断地下道で休んだり、筒石集落の写真を撮ったりして、道の駅「マリンドーム能生」に着いた時は暮れかかっていた。
ここから日本海の眺めはさぞやと思わせたけれど、もう暗くなって見る気もなく道を急ぐ。

今日の宿は、能生海水浴場近くの旧街道沿いにあった。
改装したばかりの旅館の様で、水廻り設備はみな最新だ。
一日雨のロングな旅だっただけに、女将さんが部屋に運んでくれた夕食の美味しさは格別だった。



Back

Top

Next